メイク技術は専門学校で学ぼう|資格取得可能なところがお勧め

Menu

就職時のアピールなどに

コスメ

取得されている理由

メイクに関する公的資格というものは存在しません。ですから、何の知識も技術もなくてもメイクアップアーティストやヘアメイク師などと名乗ることはできます。事実、学校や現場で学んで一流の技術をつけ、第一線で活躍している人も多くいます。ですが、これから勉強しようという人、メイクの場面で働いていこうという人にとっては資格は大きな味方になります。資格は知識と技術を裏付けるものであるためです。また、これから勉強しようという人にとっては一つの目安と目標になり、モチベーション維持の手段としても有効です。もちろん、就職時にも有効なアピールとなります。経験がない状態で、ほかの条件が似たようなものならば、資格を持っているかいないかで合否が決することもありえます。必須ではなくても、あると有利になるというのは確実といえます。メイクの資格にも様々なものがあります。すべて民間資格ですが、知名度や特徴にそれぞれ違いがあります。とるときは自分がなりたい働き方により有利になるものを選ぶようにしましょう。自分のあこがれとしているメイクアップアーティストがいるのならば、そうした人がどのような経歴で現在に至るのか、どんな資格を持っているのかを調べて参考にするのもよいでしょう。また、メイクの仕事には往々にしてヘアセットの仕事も含まれています。そのため、美容師資格が必須となっていることも少なくありません。美容師資格は専門の養成学校にいく必要があるので、学校選びのときはその点も意識しましょう。